ドッグフードと食品

馬肉コム

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
馬肉コムへのお問い合わせ
馬肉定期コース

便利でお得な国産馬肉定期コース

馬29の日

毎月2日、29日は国産馬肉の日!

冷凍

当店は-45℃で管理しています!

ドッグフードと食品との違いについて

【 ドッグフードは栄養を提供するためのもの 】

ドッグフード

私たちの食事は、様々な食材を組み合わせて1日に約30品目食べるように心掛けています。
しかし、犬たちは飼い主さんから与えられる食事のみで栄養を摂取しなければなりません。
アミノ酸の中で、動物が自分の体内でつくることができない必須アミノ酸10種類(人間9種類)は、食べ物から摂らなければなりません。
そのためドッグフードは、いつも一定の安定した栄養成分が含まれている必要があります。
でもドッグフード全てが安全で犬に適しているとは限りません。
特にドライフードには、そうした各種ビタミン、ミネラルやアミノ酸などの栄養添加物や品質を一定に保つためにいろいろな食品添加物や犬の食欲を増進させる嗜好性の動物性油脂、色をいつも一定の色調になるように着色料も使われています。
従いまして、ドッグフードは全て同じではないのです。

【 人間の食事とドッグフード 】

人間と犬が必要とする栄養素の種類はほぼ同じですが、食性・代謝の種類は異なるため必要とする栄養素の量が異なります。
犬に人間と同じ食事を与えることはしませんよね?
特に汗をかくことができない犬は、余分な塩分を汗によって排出することができません。そのため、人間のために調理された食事を与えていると必要以上に塩分を摂取し、腎臓・心臓に負担をかけてしまいます。また、香辛料や玉ねぎ等、好ましくない食材が含まれていないかチェックが必要です。

【 ドッグフードは犬の健康を守る大切な役割を担っているのか? 】

犬

犬は人間よりカロリーを多く必要とします。
そのためドライフードには、エネルギー源として油脂成分が多く含まれています。
そうなると酸化や劣化はどうしても避けられません。
酸化が進むとペットフードの嗜好性が低下したり健康にも影響することから、製造されたときの品質を保つために酸化防止剤が使用されているのです。
このようにしてドライフードには様々な添加物が含まれています。
現実はドライフードを通じてペットの健康に役立っているとは到底思えませんね。

【 人間が勝手に変えた犬の食生活 】

犬はもともと肉食動物ですが、人間との長い共生の歴史によって雑食性の動物になっと、といわれていますが本当でしょうか?
そうだとしたら歯や顔の形も徐々に変わってくるはずではないでしょうか?
例えば犬の場合、ある程度ビタミンCは体で合成出来ますからそれほど摂取する必要はありません。
しかし、ドライフードには各種いろいろなビタミン類が沢山含まれています。
しかもビタミンという名の合成の酸化防止剤です。
犬にとって一番の食餌は生肉です。内臓も重要な栄養源です。
犬の餌も最近はこうした食物の傾向から食料(缶詰、ドライフードなど)に変わってきています。

お問い合わせ先

メール以外のお問合せはこちら

馬肉はビタミンAやE、 鉄分、カルシウムといっ た ビタミンやミネラル分 が豊富で脂も牛・豚肉と 比べて脂肪分が少なく、 特に動物に不可欠な 「必須脂肪酸」と呼ばれ るリノール酸(オメガ6)・ オレイン酸等の不飽和 脂肪酸が多く含まれ、 α リノレイン酸を吸収す るために必要なビタミン Eも馬肉には、牛・豚の 倍以上も含まれています。

ドッグ用サプリメント

ドッグサプリメントもご利用下さい

クレジット

各種カードもお使い頂けます!