ドッグフードの種類

馬肉コム

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
馬肉コムへのお問い合わせ
馬29の日

毎月2日、29日は国産馬肉の日!

冷凍

当店は-45℃で管理しています!

ドッグフードの種類について

犬は自分で餌を選べません。
飼い主から与えられたドッグフードを信じて食べています。

しかし、市販されているドッグフードは、残念ながらいいものではありません。
驚かれるかもしれませんが、ドッグフードは食品衛生法や飼料安全法の対象外となっており、食品とは認められていません。原材料の品質や安全性なども十分とはいえません。
むしろどんな肉を使っているのかさえ明確に分かっていません。

ドッグフードはフード中の水分含有量によって分けられます。ドライフードとウェットフードには、それぞれ特徴があります。

最近では、ドライフードとウェットフードをミックスした物が発売されていますが、何故こういった製品が必要なのかよく分かりません。
また、ペット用飲料水やアイスクリームなど新製品も開発され所狭しとホームセンターに並べられています。

これらは水分含有量による明確な分類が難しくむしろユーザーを混乱させることになります。
結局、ドッグフードとは本来の栄養成分の補給というより企業は利益を優先して作られているような気がします。

【 ドライフード 】

水分量が10%以下のドッグフードです。さまざまな添加物を加え加熱発泡処理された固形状タイプです。
水分含有量が13%以上ではカビが生えたりするので10%以下に保つ必要があるようですが、実際は防腐剤等を使っているケースが多いので水分量は関係ないといえるでしょう。

【 セミモイストフード 】

水分量が25〜35%程のドッグフードで、あまり加熱はしていないタイプです。
水分保持のために湿潤調整剤という添加剤を使用します。実際、湿潤調整剤というものがどんな薬品なのかは不明です。

【 ソフトドライフード 】

水分量が25〜35%程のドッグフードで、加熱発泡処理されたタイプです。
水分保持のために湿潤剤を使用します。湿潤剤といってもコーンシロップもあれば保湿剤ともいわれる合成界面活性剤なども含まれます。

【 ウェットフード 】

水分量75%のドッグフードです。必要な栄養を失わないように独自の製造方法を採用と決まり文句のように記載していますが、何が独自なのかさっぱり分かりません。
密封していると思いますが、全くの無添加ということではありません。

お問い合わせ先

メール以外のお問合せはこちら

馬肉はビタミンAやE、 鉄分、カルシウムといっ た ビタミンやミネラル分 が豊富で脂も牛・豚肉と 比べて脂肪分が少なく、 特に動物に不可欠な 「必須脂肪酸」と呼ばれ るリノール酸(オメガ6)・ オレイン酸等の不飽和 脂肪酸が多く含まれ、 α リノレイン酸を吸収す るために必要なビタミン Eも馬肉には、牛・豚の 倍以上も含まれています。

馬肉定期コース

便利でお得な国産馬肉定期コース