エキノコックス症

馬肉コム

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
馬肉コムへのお問い合わせ

エキノコックス症の件に関して

キタキツネ

皆さんは、エキノコックスという言葉を聞いたことがあると思いますがその実態についてここで少し説明いたします。
と申しますのも我々が扱っている鹿肉は北海道産の野生鹿を使用しています。
中にはその寄生虫が気になったり、心配で与えられないという飼い主様もいらっしゃるかもしれません。
そもそもエキノコッカスとは扁形動物門条虫綱多節条虫亜綱円葉目テニア上科テニア科エキノコックス属に属する動物の総称のことで、キタキツネやイヌ・ネコ等の糞に混じったエキノコックスの卵を水や食物などからヒトが経口感染することによって起こる人獣共通感染症をエキノコックス症といいます。

現在世界には4類感染症(寄生虫)が発見されていて北海道のように緯度の高い地域(38度以北)は、多包条虫という種類が生息しています。
卵は人の体内で幼虫になり、肝臓に寄生し、増殖して肝機能障害を引き起こす、といわれています。

但し、熱には弱く60度10分間加熱で死滅します、他の予防対策としましては生水を飲まない、発生地の沢水や井戸水は勿論加熱してから使用する、人家にキツネを近づけない、山菜などは良く洗うか火を通して食べる、などがある。
問題は、鹿にはエキノコックスに寄生している可能性があるのかどうかということですね。
そこで詳しい話を東京農業大学生物産業学科「エゾ鹿学」の先生に話をきいてまいりました。

◆エキノコックは確かに動物の体内に寄生する虫ですが、肝臓にしか寄生せず肉その他の部位で人間や、ペットなどに移ることは考えられないとのこと。
また、エキノコックスがエゾ鹿に寄生した事の報告は一例も無いこと。
とのお話でした。
よって、鹿肉によってエキノコックスに感染することは皆無といえます。
これまでも学者達の報告では現時点でエゾ鹿の感染報告がない、となっていますのでそのような事態は「ない」と解釈致します。
また、万に一つ肝臓に寄生していたとしても、製造上で急速冷凍をしていますので完全に死滅しています。
従いまして、エゾ鹿肉は安全ですので安心して愛犬に与えて下さい。

馬肉コム  店長

お問い合わせ先

メール以外のお問合せはこちら

馬肉はビタミンAやE、 鉄分、カルシウムといっ た ビタミンやミネラル分 が豊富で脂も牛・豚肉と 比べて脂肪分が少なく、 特に動物に不可欠な 「必須脂肪酸」と呼ばれ るリノール酸(オメガ6)・ オレイン酸等の不飽和 脂肪酸が多く含まれ、 α リノレイン酸を吸収す るために必要なビタミン Eも馬肉には、牛・豚の 倍以上も含まれています。

クレジット

各種カードもお使い頂けます!

冷凍便