生食とドライの違い

馬肉コム

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
馬肉コムへのお問い合わせ

生食とドライの違い

カンガルー肉

長い研究の末、犬の先祖はオオカミということが遺伝子を研究しているグループから発表がされていました。でも犬はいろいろな交配を繰り返されてきていると思いますのでオオカミ=犬ではないと考えています。
即ち純粋のオオカミと犬は一部違う環境下にあったということではないでしょうか?
しかし、体の構造や習性はほとんど同じといっても過言ではありません。そこでよく論議になるのが『食性』です。
当然オオカミといえば野性動物を襲い、生息してきた訳ですが犬はその点、変化を求められてきました。比較的優しい(ここが肝心かもしれません)オオカミはやがて狩猟民族だった当時の人間に飼いならされ一緒に生活をするようになったのです。当然、動物を食べていたのですからその残り(特に骨や内臓)を与えられていたのかもしれません。そういう意味から先祖がオオカミだから犬は肉食動物である、というだけではなく、人間によっても犬は生食を与えてもらっていたのです。

フード

しかし、狩りのパートナーだった犬はやがてペットとして飼われるように変わってきたのです。でも今から40年以上前までは犬は人の食べ残しだったり、内臓物などを食べていました。しかし、高度成長を遂げ我々の食生活も食物から食品に変わり徐々に長期保存出来る食べ物に変わってきました。
所謂、加工食品という代物でインスタントや缶詰、ドライ品が増え、今や冷蔵庫で保存したくてもいい食品だらけになっています。それがそのまま犬の餌としてドライフードになったのです。それが主流となったいま、犬たちに異変がおき始めています。人間と同じ病気が多発しているのです。その原因がドッグフードです。

お問い合わせ先

メール以外のお問合せはこちら

馬肉はビタミンAやE、 鉄分、カルシウムといっ た ビタミンやミネラル分 が豊富で脂も牛・豚肉と 比べて脂肪分が少なく、 特に動物に不可欠な 「必須脂肪酸」と呼ばれ るリノール酸(オメガ6)・ オレイン酸等の不飽和 脂肪酸が多く含まれ、 α リノレイン酸を吸収す るために必要なビタミン Eも馬肉には、牛・豚の 倍以上も含まれています。