国産馬肉とエゾ鹿肉

馬肉コム

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
馬肉コムへのお問い合わせ

馬肉と鹿肉

牧場

馬肉はビタミンAやE、鉄分、カルシウムといったビタミンやミネラル分が豊富で動物に不可欠な「必須脂肪酸」と呼ばれるリノール酸(オメガ6)・オレイン酸等の不飽和脂肪酸が多く含まれています。
α リノレイン酸を吸収するビタミンEも馬肉には、牛・豚の倍以上も含まれています。

この馬肉を我々は犬に与えて欲しい、という願いで取扱いを行っています。

犬の祖先はオオカミである、という説が有力説として定着しています。オオカミとなると当然、自然界ですから動物を襲いそれを食べていたのですが、ではこの説でいうと犬はどうなのでしょうか?これが体内の構造や消化機能を考えますと、やはりオオカミとほとんど同じで、肉食に対応している体に間違いないようです。
厳密にいえば犬種は哺乳網食肉目イヌ科に属する動物になるのだそうですが本来、草食動物を生のまま肉や内臓を食べる事によって発酵物や食物酵素を栄養素として摂取していたのです。
彼の一番のご馳走は馬や鹿です。鹿肉も脂肪の少ない赤身の肉で、馬肉に似て豚肉や牛肉にくらべ、カロリーは約3分の1、脂肪分は15分の1程度です。
しかし、CLA(共役リノール酸)をはじめ多価不飽和脂肪酸に優れています。
肉なのにDHAが含まれてアミノ酸やミネラルバランスに優れ、鉄分が牡蠣と同じくらい含まれています。
但し、注意が必要なのはアミノ酸は熱に弱く、火を通してしまうと違うアミノ酸に分解されてしまいます。
ですから馬肉や鹿肉を与える時は、極力火を通さない生肉がいいと思います。
ここ数年食べ物の安全性が問題視されていますが、馬や鹿は牛、豚、鶏肉などの食肉の中で最も安全といえるでしょう。
馬や鹿は蜜飼いをしませんので牛や豚、鳥と違って添加物やホルモン剤のような薬物を使いません。
又ストレスもないことから安全で綺麗な肉質であるといえるといえます。

馬肉、牛肉、豚肉の比較グラフ