犬の臭覚について

馬肉コム

トップページ| このサイトについて| サイトマップ| ご意見・ご感想

 
馬肉コムへのお問い合わせ
馬肉定期コース

便利でお得な国産馬肉定期コース

馬29の日

毎月2日、29日は国産馬肉の日!

冷凍

当店は-45℃で管理しています!

犬の嗅覚は人間より1000倍〜1億倍!?

犬の嗅覚

これも犬の年齢同様、かなり大きな見解があるようです。
100万倍という意見もあれば1億倍ともいわれています。
しかしこれは嗅ぎ分ける匂いによって違いがあるという方が正しいと思いますし、犬種によっても違いがあるようです。
といっても一般的に化学物質など、犬が生活していく上で関係のない匂いに対しては鈍感で、食べ物(特に肉や脂)に関しては敏感ということはいえると思います。
もともとハンターだった犬の鼻は、動物性のにおいに敏感なのですね。
ここで100万倍というと人の100万倍匂いを感じとれるかというとそうではありません。

もと分かりやすくいえば、人間が10cm離れて嗅ぎ取ることのできる距離を10万m先の匂いを嗅ぎ取ることは出来ない、ということです。
これは空気中を漂う匂いの濃度が100万分の1でも嗅ぎ取ることができるという意味です。

というのも100万倍というのは人間の汗に対する測定結果です。
ですから犬の鼻がいつも湿っていますよね?あれは、空気中の匂い物質が溶けて吸着しやすくするためなのです。

ではどうしてそのように臭覚に対して優れているのかといいますと、嗅細胞数の違いです。
ダックスフンドには約1億2000万個、ジャーマン・シェパードは2億2000万個あるのですが、獣猟犬のブラット・ハウンドになると3億個もの細胞が存在します。
人間が500万個といわれていますから60倍多いのです。

臭覚の発達している犬はどのような働きをするのでしょうか。

麻薬犬

1.麻薬探知犬
麻薬探知犬は「アグレッシブドッグ」と「パッシブドッグ」の2種類に分かれます。
アグレッシブドッグは、旅客の貨物、商業貨物、郵便物に隠されている麻薬犬です。
全国の主要な空港、港及び郵便局に配備され、麻薬の摘発のために働いています。
麻薬の匂いを感じると、その荷物に攻撃をして担当検査官に知らせます。
それに対して「パッシブドッグ」は、麻薬の匂いを感じるとその場にしゃがみ込んで知らせます。
こちらは主に旅客の手荷物で発見するように訓練されています。

2.警察犬
警察犬が認められたのはドイツで、警察官と一緒にパトロールしているときに犯罪者を発見したことが始まりとされています。
日本はもっと後になって警視庁がコリー犬を警察犬として採用したのが始まりです。
警察犬は、犯人の匂いから犯人を追及・追跡や犯罪現場の遺留品と容疑者の匂いとを嗅いで犯人を特定します。
また捜索活動も行います。迷子や行方不明者、遭難者なども匂いから発見します。
どの犬でも警察犬になれるのではなくジャーマン・シェパード、ゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリバー、ドーベルマン、コリー、エアデール・テリア、ボクサーの7種だけです。

お問い合わせ先

メール以外のお問合せはこちら

馬肉はビタミンAやE、 鉄分、カルシウムといっ た ビタミンやミネラル分 が豊富で脂も牛・豚肉と 比べて脂肪分が少なく、 特に動物に不可欠な 「必須脂肪酸」と呼ばれ るリノール酸(オメガ6)・ オレイン酸等の不飽和 脂肪酸が多く含まれ、 α リノレイン酸を吸収す るために必要なビタミン Eも馬肉には、牛・豚の 倍以上も含まれています。

ドッグ用サプリメント

ドッグサプリメントもご利用下さい

クレジット

各種カードもお使い頂けます!